MAXIMUM LIFESPAN SocialTwist Tell-a-Friend

マキシマム ライフスパン

 
登場人物

- ウィル・ギャレット


ウィル・ギャレット

ケン・ギャレットと離縁関係にある息子。日本の寺院に身を隠している。家に帰ると暗殺される恐れがあり、帰れなければ父親が凍死する。

- ウィル・ギャレット少年


ウィル・ギャレット少年

早期老化症の弟、ドミニクに骨髄を提供する「お母さん子」。自分が怒ったために母親に捨てられたと考えている。

- ケン・ギャレット博士


ケン・ギャレット博士

先見の明を持つシンビオジェネシス社の創設者。癌を患い、ほぼ冷凍状態で生命を維持されているものの、永遠に生きることを諦めていない。博士が掲げる超人間主義は、今後の世代に不死を約束するが、実験台1号になるのは一体誰?

- ラナ・ピアース


ラナ・ピアース

短気だが情熱的な科学者。ラナ・ピアースは魂を新しいクローンの肉体にダウンロードすることで母を助けようと奔走する。所謂、超人間主義である。ドミニク・ギャレットはウィルを誘惑し、帰国させるためにラナを日本に向かわせたが、心から分かりあえる人に出会えたために喜びを感じる。

- ルース・ピアース


ルース・ピアース

敬虔なキリスト教徒でラナを女手一人で育て上げたシングルマザー。プロメテウス社が製造した人工の腎臓が機能しなくなる。威厳をもって死を迎えることを望むが、娘のラナは現実を受け入れられる状態ではない。いずれにせよもう手遅れかもしれない。

- ドミニク・ギャレット


ドミニク・ギャレット

忠実な息子であり、ケン・ギャレットが経営するシンビオジェネシス社の代理のCEOを務める。超人間主義をより浸透させるために、父のケンはドミニクを外し、次期CEOに弟のウィルを任命した。これからドミニクは自分の要求をどこまで主張すればいいのか決断しなければいけない。

- ドミニク・ギャレット少年


ドミニク・ギャレット少年

ドミニク・ギャレット少年は常に死の危機に瀕していた。滅多に見られない早期老化症候群を患っていたためだ。ウィルの健康な体や自分よりも気に入られていることに怒りを感じるものの、ウィルの骨髄がなければ何年も前に死んでいた点は理解している。

- ルーカス・ギャレット


ルーカス・ギャレット

ルーカスは母親とともに郊外で身を隠しながら生活している。ルーカスは今も重度の自閉症で、30年前に行われた仮想精神転送実験の恐怖に怯えている。

- ルーカス・ギャレット少年


ルーカス・ギャレット少年

ギャレット夫妻の自閉症を患う長男。父親との精神転送実験において奇跡的に「能弁」になる。ルーカスの発病と実験後のトラウマによるストレスが母親のローズマリーにルーカスをケンの非道な実験から解放する決断をさせる。

- ローズマリー・ギャレット


ローズマリー・ギャレットケン・ギャレットのトラブル続きの元妻。ローズマリーは虐待を受けた女性のためのシェルターを運営するこで過去の暗い罪を償おうとしている。自らの死を偽装し、30年間ウィルにもドミニクにも会っていない。

- アイザック・スペンサー博士


アイザック・スペンサー博士

意識のコード化、保存、転送におけるパイオニア的存在。スペンサー博士の発見によって、「現実なんて時代遅れ 空想の中で生きよう」をモットーに据えるエタニティ社が官能的なエンターテイメントを開発した。

- 殺し屋ショーン


殺し屋ショーン

常に臨戦態勢。殺しはあくまでも仕事ではあるが、ラナとウィルを相手に徐々に熱くなっていく。

- サイモン・フィセル


サイモン・フィセル

プロメテウス社の冷酷で非情なCEO。短い寿命の人工の臓器を使って、長期間の契約を結んでいる。超人間主義プロジェクトはビジネスの根幹を揺るがすため、対策を迫られている。

.

- ヘンリー・クレイモア


ヘンリー・クレイモア

サディスティックな「イゴール」からケン・ギャレットの「フランケンシュタイン博士」に。ヘンリーは違法でトップシークレットのクローンプログラムを監督する。ルーカスが話せるようになった夜、現場にいた人物であり、また、ウィルが同じ機械につながれている現場にも登場する。

- ガブリエル


ガブリエル

かつては人道主義者として路上で抗議活動を行っていた。現在はヘンリーの片腕として活躍する。ガブリエルはアルフォンソ・ハンティントン等の億万長者の切断された頭部を接続している。現実の世界とコミュニケーションを取るためだ。

- トリクシー


トリクシー

エタニティ社の大ヒット作品 「吸血鬼」と「浣腸ナース」に出演し、爆発的な人気者となる。ケン・ギャレットと長い間付き合いがあり、低温で冷凍され、ほぼ死亡しているにも関わらず今でもケンと濃厚な時を過ごしている。

- ボディーガード


ボディーガード

郊外で暮らす正義感あふれる少年からギャレット一家のセキュリティを任せられるまでに成長。運の悪さは折り紙つき。

- ケリー医師


ケリー医師

ラナの瀕死の母親、ルースを治療するハンサムな医師。ラナを愛するがプロメテウス社とサイモン・フィセルの利益に反することはできない。

- アルフォンソ・ハンティントン


アルフォンソ・ハンティントン

エタニティ社の元CEO。頭部を「切断」された状態でガラス製のシリンダーに入れられているが、アイザック・スペンサー博士が元々開発した意識エミュレータを使って外の世界とコミュニケーションを取っている。

- 禅寺の僧


禅寺の僧

禅仏教の教えを説く一方、ウィル・ギャレットの良き友人でもある。

- レーザータグを使う少年


レーザータグを使う少年

活発な悪ガキ。命を守るために命を取ることをやがて求められる。

Maximum Lifespan(191ページ)はフルカラーのオリジナルのグラフィックノベルで、3つの幕で構成されています。

また、第一幕はあらゆるPDFを用いてダウンロードおよびで閲覧することができます。 のダウンロードはこちらご予約の1つにPDF形式

13歳以下の未成年者が閲覧しないように求める場合は、このファイルをeメール、ファイル共有、および、投稿してください。



緊急リリース

連絡先: Ed Park医師

800 N. Tustin Ave, STE M, Santa Ana, CA 92705 714-285-0741 (電話); 714-285-1747 (FAX) epark89@yahoo.com; www.maximumlifespancomic.com

アンチエイジングの専門家 Ed Park医師 フルカラー版のグラフィックノベル Maximum Lifespan をリリース

天才だが倫理観に問題を抱える博士が人類のリエンジニアリング、 老化の解消、そして、不死の創出を企てる …博士の離縁中の息子はこの策略を防ぐことができるのか?

カリフォルニア州サンタアナ – Ed Park医師がリリースした最新の小説 Maximum Lifespan の舞台は、生活が人工的にバーチャル化されている未来です。3つの幕で構成されるこの展開の早いグラフィックノベルは、テロメアーゼ(細胞の老化と不死化に密接に関わる酵素)を活性化させる物質が開発されたために、人間が160歳前後まで生きることができるようになった世界を描いています。

現実の世界では、2009年、テロメラーゼの発見に対してノーベル医学生理学賞が授与されました。さらに、2007年からPark医師自身が世界初のテロメラーゼ活性剤 TA-65を服用しており、実際に、Park医師および多くの人々が若返りを実感しています。

Park医師が織りなすMaximum Lifespanの世界の主人公、苦労人のウィル・ギャレットは厳格でアルコール依存症の母親と再会する約束を餌に帰郷するよう誘いを受けます。間もなく、ウィルは自分の両親が母の死を偽装したことに気づくのでした。それは家族の出生に関する常識では考えられない秘密、そして、人間の意識を新しい身体にダウンロードし、超人間主義を実現することで普通の人間を時代遅れにすると言う、父親の神をも恐れない計画の発見を防ぐためだったのです。

通常のコミックよりもサイエンスフィクション映画に近いMaximum Lifespanは遺伝子のリエンジニアリングおよび交換用のクローンに関する倫理的な話題にも大きく関わっています。100年間が経過すると生合成の臓器は消耗し、交換する必要性が生じるのです。

過激なバーチャル世界の快楽。想像を絶する実験。そして、不死。予告編の問いにあなたはどのように答えますか?“生命の秘密を手にしたらどうしますか?誰かが自分の命を救うことができる生命の力を持っていたらどうしますか?”要するに、寿命を最大限に伸ばすために、あなたならどこまで求めますか?(http://www.maximumlifespancomic.com/story)

Maximum Lifespan は www.maximumlifespancomic.com.でご覧頂けます。詳細はPark医師にeメールにてお問い合わせ下さい: epark89@yahoo.com

# # # Maximum Lifespan Dr. Ed Park原作; フィクション; 185 ページ; ハードカバー; $29.95; ISBN-13: 978-0-9840594-1-6

作者: アンチエイジングの専門家、Park医師はテロメラーゼの活性剤をwww.RechargeBiomedical.comにて提供しています。また、Park医師が綴った歴史小説Hypatia of Alexandriaの発売も間近に迫っています。